トップ  >  FAQ  >  メール  >  ファイル共有システム

日本語 | English

ファイル共有システム

ファイル共有システムについて

本学が運用するファイル共有システムは、インターネットを介してファイルを一時的に共有するサービスです。本システムを使うことで、メールで送ることのできない大きなサイズのファイルを、指定する相手と共有することができます。

【注意1】ファイル共有相手に、誤ってWebメールのパスワードを、メール送信しないようご注意下さい!!
【注意2】ファイル共有システムにアップロードしたファイルは、21日間経過すると自動的に削除されます。
【注意3】ファイル共有システムで扱えるファイルのサイズは、1GBまでです。

【注意4】大容量のファイルをアップロードする際は、共用無線LANは使用しないなど、ネットワークへの負荷に配慮してください。

    ->ファイル共有システム

メールでのファイル送信とファイル共有システム

ファイル共有システムは、主に、本学のWebメールでは送信できない大容量のファイルを送る際に使用します。本学では、(添付ファイルも含めた)メールのサイズによって、ファイルを送る方法は以下の通りとします。

 

  1. メールサイズが5MB未満

    メールにファイルを添付して送信できます。

     

  2. メールサイズが5MB以上100MB未満

    メールにファイルを添付して送信できます。
    ただし、この場合、メール送信後に添付ファイルが、「ファイル共有システム」に自動アップロードされ、ダウンロードに必要なURLとパスワードを知らせるメールが、送信者と受信者に自動送信されます。

    メールを一斉に複数に送信する場合、それぞれ異なるURLとパスワードが送信されます。大勢に送信する場合は、100MB未満であっても次の方法で送信することを推奨します。

     

  3. メールサイズが100MB以上

    メールを送信することはできません。
    「ファイル共有システム」に直接ログインし、ファイルを手動でアップロードした後、ダウンロードに必要なURLとパスワードをメールで連絡する必要があります。具体的な手順は以下をご覧下さい。

    ① 送信者の操作(ファイル共有システムでファイルを送る方法)
    ② 受信者の操作(ファイル共有システムでファイルを受け取る方法)

 

プリンタ用画面
前
メールを作成中に自動的に保存されるのですが設定を変更できますか
カテゴリートップ
メール
次
ファイル共有システムでファイルを送る方法

Copyright ©2017 OITA UNIVERSITY Information Technology Center All Right Reserved.
〒870-1192 大分市大字旦野原700番地
TEL:097-554-7985 / FAX:097-554-7990