G Suiteアカウント削除時のコンテンツへの影響

I. Googleカレンダー

1), 「削除アカウント」の非共有カレンダー

  • 削除される

2), 「削除アカウント」が作成し、他アカウントと共有するカレンダー

  • 削除されない

3), 他アカウントが作成したカレンダーに「削除アカウント」が入力したスケジュール

  • 削除されない

【必要に応じて、各利用者がアカウント削除前に実施すること】

a), 学内進学生(本学のアカウントが替わる場合)

  • 上記1)について:旧アカウントからデータをエクスポートして、新アカウントでインポート
  • 上記2)について:旧アカウントから新アカウントに、「変更および共有の管理権限」を設定

b), 卒業・退職時など(本学のアカウントがなくなる場合)

  • 上記1)について:データをエクスポート
  • 上記2)について:共有するカレンダーの「変更および共有の管理権限」を、カレンダーを共有する他アカウントのどれかに追加すること。これを実行しないと、アカウント削除後は、共有しているアカウントからも、カレンダー管理ができなくなる

II. Googleドライブ

1), 「削除アカウント」の非共有コンテンツ(アップロードファイルを含む)

  • 削除される

2),「削除アカウント」がオーナで、他者と共有するコンテンツ

  • 削除される

【必要に応じて、各利用者がアカウント削除前に実施すること】

a), 学内進学生(本学のアカウントが替わる場合)

  • 旧アカウントで使用したGoogleドライブのコンテンツについて、そのオーナー権限を新アカウントに移行すれば、上記1)および2)のコンテンツも、新アカウントで利用可能。なお、コンテンツのオーナー権限の移行は、ファイル/フォルダ単位で可能

b), 卒業・退職時など(本学のアカウントがなくなる場合)

  • 学外のGoogleアカウントやG Suiteアカウントに、オーナー権限を移行することはできないため、上記1)については各自でコンテンツをダウンロードするなどの対応をすること。上記2)については、オーナー権限を学内の他アカウントに設定することで、そのアカウントではコンテンツを引き続き利用することが可能