トップ  >  利用ガイド  >  Webメール

Webメール

1. Webメール (DEEPMail) を使う

Webメールはインターネットが繋がっている場所であれば,空港や海外など,どこにいてもメールの送受信ができます。 下記URLからログインしてください。 面倒な設定も必要ありません。IDとパスワードで利用できます。

PC版Webメールはコチラ

モバイル版Webメールはコチラ

 

2. 着信通知を出す

DEEPMailに着信があった場合に,スマートフォンなどのメールアドレスに通知メールを送る方法です。

  1. DEEPMailにログインします
  2. 「オプション」→「個人環境の設定」→「モバイル」をクリックします
  3. ”モバイル端末のメールアドレス”に着信通知先となるメールアドレスを入力します
  4. ”着信通知”を”使用する”にチェックします
  5. ”適用”をクリックします

条件設定を入力すると,特定のメールが来た時のみ着信通知を送ることもできます。
(例)Fromに@oita-u.ac.jpが含まれているメールのみ着信通知をする

 

3. 他のメールソフトを使う(※サポート対象外※)

その他のメールソフトを利用する場合の設定一覧を下に記しておきます。
※情報基盤センターでは,上記Webメール以外はサポートいたしませんので個人の責任で設定を行ってください。
 

受信の設定

 

 受信サーバ名  web-m.cc.oita-u.ac.jp
 受信ポート番号  POP3で設定の場合  110
または,995
(995はSSL必須)
 IMAPで設定の場合  143
または,993
(993はSSL必須)
 ユーザ名
(アカウント名)
 利用者ID

 

送信の設定

 

 送信サーバ名
(SMTP)
 web-m.cc.oita-u.ac.jp
 送信ポート番号  25,587または465(465はSSL必須)
 認証の設定  ポート番号が465の場合は,ユーザ名とパスワードに よる認証が必須
 ユーザ名
(アカウント名)
 利用者ID

 

4. ログイン認証に対する国別認証制限を設定する

=== 以下の国別認証制限を,DEEPMailのWebログインにも適用しました ===

DEEPMailではセキュリティ対策の強化のため,ログイン認証に対して国別認証制限を設定しています。海外出張時や飛行機の機内等,海外からDEEPMailにログインする予定がある場合は,事前に国内でWeb画面(パソコン版)から設定変更をする必要があります。また,GMail等の学外のクラウドサービスを用いて本学のメールを利用している場合は,国別認証制限の「アメリカ合衆国」を許可していないと,メールを受信できないことがあります。

deepmail-country.png

※1 国別認証制限は,ログイン認証を制限するのみで,海外とのメール送受信は制限しません。
※2 国別認証制限は,基本的に利用者の操作で設定をお願いします。
※3 国別認証制限の初期値では,日本のみ許可の設定となっています。
※4 必要な国のみアクセス許可設定を行って下さい。
※5 アクセスを許可する国を必要に応じて追加することが出来ます。
※6 帰国等によりアクセス許可設定が不要になった場合は,遅滞なくアクセス許可設定を解除して下さい。

 

【設定方法】

  1. DEEPMailにログインします
  2. 上部メニューの「オプション」をクリックします
  3. 「個人環境の設定」をクリックします
  4. 「国別認証制限」をクリックします
  5. 許可したい国にチェックをいれ,「適用」をクリックします

 

Webメールに関するFAQはコチラ

プリンタ用画面
前
パスワード変更
カテゴリートップ
利用ガイド
次
無線LANの利用(学内専用)

Copyright ©2017 OITA UNIVERSITY Information Technology Center All Right Reserved.
〒870-1192 大分市大字旦野原700番地
TEL:097-554-7985 / FAX:097-554-7990